地方によって異なる行事や祭事について

あなたは全国各地で行なわれている行事や祭事に参加したことがありますか。

この行事や祭事というのは古くから伝わる伝統的なものが多く、地方によって文化や風習の違いが会うように執り行われる内容も異なるようです。

今回は現在全国的にどのような行事や祭事が行なわれているのか紹介していきます。

まず初めに東北地方で行なわれている祭事や行事を紹介していきます。

東北地方ではお正月の行事としてなまはげが行なわれていました。

呼び方は地方によって異なりますが、どの地方でも、なもみをはぐという意味を持っています。

なもみというのは寒い日に火をたいて、火に当たる時にできる肌のあざのことで、冬の火のそばにいる怠け者を追い払うという意味で使われていました。

東北地方では大晦日に村の若者たちが鬼の面を着けて、手には木製の包丁などを持ち、家々をまわり、それぞれの一家の家主がお酒やお餅でおもてなしをしたりするそうです。

この地で暮らす人々にとってなまはげは自分たちを見守ってくれる存在として迎えています。

siteinfo

東京方面では徳丸の田遊びをしています。

それは神社の境内で一年間の米作りの仕事を歌で表現し、豊作を祈願する行事です。

実際の田んぼのような聖域をつくり、そこで種まきから田植え、稲刈りをうたいながら田んぼ遊びを行なうというシンプルな行事です。

東海地方の静岡では西浦田楽という、境内にたいまつをたいて、演者が舞いなどを披露する芸能があります。

もともと稲の成長を願って行なわれていたが、現在では病除けの行事としても行なわれているようです。

中部地方の長野県では田畑に悪さをする鳥やもぐらを退治し、村を守っている神様の所まで追い払うという鳥追い、もぐら追いという行事があります。

この行事は子供たちによって行われ、子供たちが一列になって歌をうたいながら街を歩きます。

こうして家をまわり、村の境まで歩いた子供たちにはお菓子やみかんが振る舞われるという行事です。

このように同じ日本国内なのに、行事や風習はこれほどまでに違います。

それは各地方によって異なる宗教や文化の違いがあって発展してきているため、このように根付いている文化も異なっているというわけです。

また、時代が流れるにつれて昔からの様式が変わって新しくなっているものも多いです。

同じ人種、同じ国なのに地方による違いがあるのは面白いですよね。

ぜひあなたも自分の生まれ育った故郷だけの文化に染まらず、他の慣習も体験してみてはいかがでしょうか。

 

[体験談] 様々な体験をする中で、最近夫婦間によるセックスレスが増加する傾向があるようです。そのような事がないためにもバイアグラサイトを利用してed対策に取り組んでいきましょう!また、その他にも正規品シアリスは効果が長く、その類の男性からはかなり重宝視されております。