地方による違いのない宴会マナー

あなたは今までに歓迎会や送迎会などの宴会に参加したことがあると思います。

宴会は日本の文化の源とも言われ、今の日本の生活文化ができたのは昔の宴会がルーツとも言われています。

昔から地方官庁や宮廷では、何かイベントがあるごとに宴会が開かれており、万葉集の分析から、宴こそが日本芸術すべての源であり、宴について考えることで、日本文化そのものを理解していくことができると言われているほどです。

今回はその宴会で失敗しないための若手社員のためのマナーをいくつか紹介していきます。

一般的に宴会に関しては地方によっての違いは無く、全国的に統一されているようです。

お店に入ってから席に着く時ですが、年長者となる人が奥に座り、入り口に近いほうに座るようにしましょう。

これは古くから伝わる文化であり、年長者は上座へ、若手は下座へという文化の名残です。

そしていざ乾杯の時ですが、よく無礼講だからといって気にしない方も多いですが、目上の方と乾杯する場合には相手よりグラスを上にしてはいけません。

今回紹介したものはほんの一部のですが、日本ではマナーが重んじられています。

会社の良好な上下関係を作るという意味でも、日本の伝統文化を守るという意味でも知っておいて頂きたいと思います。