多種多様な年中行事の数々

日本では祝日、祭日のようにさまざまな年中行事があります。

もともとなぜ祝日という文化が生まれたかというと、平和と自由を尊重する日本の国民は、美しい風習を育て、より良い仕組みの社会作り、国民一人ひとりがより豊かな生活を作るために、国民全員でお祝いをし、平和に感謝する日ということで国民の祝日として設定されました。

今回はその中でも、日本が古くから祝っている年中行事について紹介します。

誰もが男性なら子どもの頃から一度は体験するであろう年中行事として5月のこいのぼりがあります。

これは男児の出世と健康を願って始められたのがきっかけで、始まりは江戸時代からとされています。

次に有名なのが7月の七夕です。

七夕は五節句の中の一つであり、昔はお盆との関連のある行事の一つでした。

現在では商店街などのイベントとして七夕祭りを催している所も多く、昼にきれいな七夕飾りを飾り、買い物客や観光に来た人を呼ぶ込むために行なわれており、夜間の風習や神事などを重視していない所も多いようです。

以上のように日本には四季があることで年中行事の種類もさまざまです。

あなたも豊富な行事のある日本にいるのならば、この伝統文化でもある年中行事を楽しんでみてはいかがでしょうか。

参考イベント1:暮らしを彩る年中行事|暮らし歳時記

参考イベント2:マネフレのクレジットカードで現金化