各々の地区よって異なる祝日・祭日の過ごし方

全国各地によって祝日・祭日の過ごし方は異なります。

普段の休日と何ら変わりのないように見える休日ですが、その日が設定されたルーツや理由を知ると、その日の過ごし方や捉え方が変わります。

今回はその中でも一年の中で最も大イベントとして認識されている大晦日について紹介していきます。⇒毎日行われているライブイベント

あなたは大晦日をどのように過ごしますか。

家族や過ごす方、恋人と過ごす方、気心の知れた仲間と過ごす方とさまざまだと思います。

一般的な受け継がれて来た、大晦日の過ごし方としては一年の締めくくりをする日であるため、家の中と外の掃除を行い、生活用品をきれいなものと取り替えたりと、新しい年を迎える準備をします。

夜は家族揃って食事をし一年の反省と、これからの一年の抱負を語る時間とされています。

これが地域ごとでさまざまな過ごし方があります。

関東地方では大晦日にこんにゃくを食べる風習があるところがあり、腹の砂を払うという効果のもと体の中から身を清めるとされているようです。

沖縄地方では大晦日を年の夜と呼び、一年に感謝をし、新たの良い年を迎えられるよう、仏壇や火の神に豚肉料理を供えます。

このように各地によって行われる行事や風習は違います。

あなたの故郷ではどのように過ごしているでしょうか。

地方別・大晦日の行事ごと